害獣は業者に依頼して退治!駆除の際に大切なこと

害獣とは

世の中には様々な生物がいますが、中には「害獣」といわれ、捕獲される動物もいます。そんな動物は複数おり、その害獣の例としてイタチが挙げられます。ここではイタチ捕獲のことについて紹介しています。

探知犬について

トコジラミ駆除に、「探知犬」が利用される場合があります。探知犬は害虫を探知できる犬で、小さな害虫も探せる点が特徴です。専門の業者に依頼すれば調査を行ってもらうことができるので、興味のある人は依頼してみると良いでしょう。

鼠の駆除について

害獣の一つに「鼠」がいますが、鼠は頭が良いとされているので、中々駆除をすることができない場合もあります。では、ねずみ駆除を確実に駆除するためには何を行えば良いのでしょう。ここでは、そのポイントについて紹介します。

身を守るために

ハチの習性を知ることで得るメリット

蜂は害虫でなく益虫だと言われています。ただ、時には人を襲うことがあるので、益中だとしても駆除が必要なときがあります。蜂が単独で飛んでいるときは刺激を与えなければ襲ってこないので、そっとしておいてあげるといいでしょう。もし部屋の中に入ってきたのなら明るいほうの窓を開けてあげると出ていくでしょう。このように蜂の習性を知っているだけでメリットがあるでしょう。蜂には黒いものや、香水などの甘い香りによって行く修正もあるのです。ですから、黒い服でなく白い服を着たり、香水や整髪料などは控えるといいでしょう。そして、もし襲われて追いかけてきたときには地面に寝転がるといいでしょう。蜂は上下の動きには弱く、反応出来ずに見失うのでしょう。

蜂の生態系を守ること

蜂駆除業者も駆除ばかりしているワケではないのです。最近では蜂のこと、自然のこと、生態系のことを考慮にいれる業者が増えています。身近にいるミツバチやアシナガバチは比較的おとなしくあまり人を襲わないので、巣があってもお客様と相談して安全が確保されれば駆除せず残すこともあるのです。また、最近人家付近でよく見るキイロスズメバチは生態系の乱れにより、都会へ進出までしています。やはり自然の減少を招き生態系の乱れも招いたので、巣の駆除はせずにいたいのでしょう。でもここは業者も危険性が高い蜂と判断して駆除するしかないのです。近年は都会の拡大とともに蜂に刺される人も多くなっています。逆にこれから自然が増えればそういうことは少なくなるでしょう。

蜂退治を行うなら

蜂にもミツバチやスズメバチなど様々な種類がありますが、人間を襲う蜂の場合、放っておくと危険です。そのため、蜂や蜂の巣を見つけたら、自分で退治しようとせず、専門の業者へ依頼することが大切です。